※システム上「受付終了」となっていますが、受付は終了してはおらず、この講座は「事前登録」をしていただき「地球のしごと教養学部22-23受講生コース 2022年度受講チケット」を購入された方のみご参加いただけます。

【タイトル】

#16「創造的過疎」とは何か?徳島県神山町から農山漁村の創生を学ぶ

【テーマ】

まちづくりシステム

【講座概要/狙い】

徳島駅から車で40分ほどの山間部にある人口6300人のまち、徳島県神山町。

2011年度、転出者が139人に対し転入者が150人と、町の制定以来初めて転出者が転入者を上回りました。 町内全域に完備されたWi-Fi 環境が後押しし、多くの企業がサテライトオフィスを開設。

NPO法人グリーンバレーが、神山に数多くある古い空き家を、移住希望者に紹介し、安値で住居やオフィス、 アトリエとして使ってもらうなどの取り組みも目立ちます。

2019年6月には、神山町に2023年春開校予定の私立高等専門学校「神山まるごと高専(仮称)」という新しいプロジェクトが発表されました。

20年ぶりの新設高専は、町と町民と民間が協働してつくる次世代型の高専として、なぜ人口5000人の神山町にできるのか?どのような教育を目指しているのか?その動きに注目が集まっています。

創造的過疎」とは一体何なのか?

神山町を視察し、その真髄を学びましょう。

【スケジュール概要】

・12月10日(土)PM(詳細の時間はこれから確定となります。)
徳島遠征1日目の講座になります。徳島空港に集合して、レンタカーで神山町まで移動します。講座終了後、上勝町まで移動して宿泊予定。

【講師】

NPO法人グリーンバレー .jpeg 36.14 KB

認定特定非営利活動法人グリーンバレー(以下、グリーンバレー)は「神山町国際交流協会(1992年設立)」を前身とする認定NPO法人で2004年に設立。「日本の田舎をステキに変える!」をミッションに徳島県神山町で各事業を展開。

神山アーティスト・イン・レジデンス(KAIR)、サテライトオフィス支援事業、アドプト・ア・ハイウェイ神山(清掃活動をベースとしたまち美化プログラム)、神山町移住支援センター受託管理、コワーキングスペース「KVSOC神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス」や「神山農村環境改善センター」の指定管理事業、森づくり事業など、神山が神山であるための事業を運営するなど、新規事業を開発中。

出典元:NPO グリーンバレーとは? 

【予習会日時・課題図書】

オンライン予習会:12月7日(水)19:30〜21:30(徳島遠征全体の予習会をします)

神山進化論: 人口減少を可能性に変えるまちづくり     著者:神田 誠司

【参考図書】

神山プロジェクト     著者:篠原 匡(日経BP)

【参考サイト】

イン神山

神山まるごと高専(仮称) | テクノロジー×デザインで人間の未来を変える学校 

【参考写真】


出典:神山のサテライトオフィス


出典:神山桜咲く、大埜地の集合住宅